えみちゃんねる


にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

 上沼恵美子さんのお姑さんが入院されて、状態があまり良くなかったときにご主人の真平さんと、ご主人のお姉さんとお見舞いに行かれた時のお話

 ベッドに横になってお義母さん、自分の息子(上沼恵美子さん)のご主人の顔を見て、「よう来てくれたなぁ、〇〇ちゃん」って違う人の名前を言うの。
可愛い自慢の一人息子なのに。
お義姉さんの顔を見ても違う人と間違える。
そして恵美子さんが「お義母さん」って声をかけると、「恵美子さん!忙しいのに来てくれたの?お仕事大丈夫だったの」って言うんですって。

 ご主人とお義姉さん、納得がいかなかないのと面白さ半分もありで、もう一回してみようって再度病室に入り、声をかけるも、自分の子どもたちはわからないのに、嫁の上沼さんの事はわかるらしく「恵美子さん!」って言うんですって。
若い頃は、世間でよくある嫁姑の関係で、ぎくしゃくしてたけど、月日が経つうちに仲良くなったそうです。


 後に専門家から聞いたところによると、記憶があいまいになっても誰が自分に尽くしてくれてるのか、理解者、自分の一番の味方の名前は忘れないのだそうです。


 いう事も言うがすることもする。
上沼恵美子さんらしいエピソードですね。