死後も止まないNHK受信料


Twitterで話題になっていますよー!
「母が亡くなって何年も経つのにNHKからの督促状が止まらない」

これほんとうなの?


話題のツイート(画像加工は編集部によるもの)



 ツイート主は、母の家には死後、誰も住んでなく、NHKの電波を受信できる環境にもなかったと説明したにもかかわらず、コールセンター側は「死後の分まで払え」との姿勢を崩さなかったんですって。

このツイートを読んだ人からは「NHKは死人からも躊躇なく徴収します」と同じ経験をしたとたくさんのリツイートがありました。

 一人暮らしの親族が亡くなって、NHKの受信契約を解約せずに長期間放置するというのはよくありそうなケースだし、NHK解約なんてまず、頭に浮かばないですよね。

見れない状況の人からも徴収するなんてひどすぎる。


こんなだから受信料を払わない人が多いんじゃないの。



NHK広報部によると
死亡と一人暮らしが証明できれば 死亡した月で解約扱いになる  
一人暮らしの契約者が亡くなった場合、解約はどうなるのか―
―NHK広報部に質問状を送ったところ、基本的には次のように対応を行っていると文書で回答が返ってきた。
受信契約を解約する場合は、「日本放送協会放送受信規約」に基づき、NHKへの届け出をいただいています。
 一人暮らしの受信契約者が亡くなった場合は、ご家族や親族の方などから届け出で解約の手続きをいたします。
一人暮らしのご契約者本人がお亡くなりになった場合については、公的な証明書類を提出いただくなどしたうえで、個別のご事情を詳しくお伺いして、適切な対応をとることとしています。

NHK広報部とコールセンターの対応が違うようですが、同じようにして頂きたいものです。

「名前は一流やること三流」がNHKの本質

引き落とし口座に預金が残っていて、解約しなければ死後も永遠に引き落とされちゃう、トンデモナイ契約のNHK受信料

皆んな、気を付けてっ!!


にほんブログ村 芸能ブログ 芸能ニュースへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村